Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

キャラ指定の小説を書いてみた『船上のスピカ』2(石油開発のお仕事)

はじめましての方、こんにちは。ゆきうさぎと申します。ここのところ完全自作短編小説を記事にしてます。今日はキャラ指定の小説創作その2です。読者のみなさま、ひきつづき、物語をお楽しみ下さい♪ちなみにゆきうさぎ、10代のころから創作を始めまして、…

キャラ指定の小説を書いてみた『船上のスピカ』1(石油開発のお仕事)

みなさま、こんにちは。ゆきうさぎです♪毎日まだまだ暑いですが、お元気ですか~。さて本日からは6回完結で、短編小説『船上のスピカ』をお送りします☆今回は、理系男子のお仕事話になります。この小説はですね、以前、記事にしました『朧月』と同じく、集…

夏だ!冒険だ!てことで【短編小説】『雲龍夢譚』6・(冒険ファンタジー)終

はじめましての方、こんにちは。ゆきうさぎと申します。ここのところ完全自作短編小説を記事にしておりまーす。今日はその6。最終話です。読者のみなさま、ひきつづき、物語をお楽しみ下さい♪ ちなみにゆきうさぎ、10代のころから創作を始めまして、途中…

夏だ!冒険だ!てことで【短編小説】『雲龍夢譚』5・(冒険ファンタジー)

はじめましての方、こんにちは。ゆきうさぎと申します。ここのところ完全自作短編小説を記事にしておりまーす。今日はその5。読者のみなさま、ひきつづき、物語をお楽しみ下さい♪ ちなみにゆきうさぎ、10代のころから創作を始めまして、途中ブランクあり…

夏だ!冒険だ!てことで【短編小説】『雲龍夢譚』4・(冒険ファンタジー)

はじめましての方、こんにちは。ゆきうさぎと申します。ここのところ完全自作短編小説を記事にしておりまーす。今日はその4。読者のみなさま、ひきつづき、物語をお楽しみ下さい♪ちなみにゆきうさぎ、10代のころから創作を始めまして、途中ブランクありま…

夏だ!冒険だ!てことで【短編小説】『雲龍夢譚』3・(冒険ファンタジー)

はじめましての方、こんにちは。ゆきうさぎと申します。ここのところ完全自作短編小説を記事にしておりまーす。今日はその3。読者のみなさま、ひきつづき、物語をお楽しみ下さい♪ちなみにゆきうさぎ、10代のころから創作を始めまして、途中ブランクありま…

夏だ!冒険だ!てことで【短編小説】『雲龍夢譚』2・(冒険ファンタジー)

はじめましての方、こんにちは。ゆきうさぎと申します。ここのところ完全自作短編小説を記事にしておりまーす。今日はその2。読者のみなさま、ひきつづき、物語をお楽しみ下さい♪ちなみにゆきうさぎ、10代のころから創作を始めまして、途中ブランクありま…

夏だ!冒険だ!てことで【短編小説】『雲龍夢譚』1・(冒険ファンタジー)

みなさま、こんにちは。ゆきうさぎです。台風、すごかったですねー。通勤やらご自宅やら大丈夫だったでしょうか??ゆきうさぎは昨日は家から外に出られませんでしたっ。おかげさまで、子供たちの自由研究は進みましたけれども♪今年は息子が小惑星探査機「は…

野口聡一宇宙飛行士の講演会と、宇宙教室特別授業に参加してきた!

みなさま、こんにちは。ゆきうさぎです☆暑い夏休み、さあ、子供とどこへ行こう?? きっと子持ちの方達は毎日イベント満載かと思います!!ゆきうさぎの家もそう~~。毎日毎日、イベントもりだくさん。子供たちは楽しんでますが、ゆきうさぎはちょっとお疲…

アナタならどう書く?【集英社お題指定小説】『朧月』・後編(終)

バドゥルは黒曜石(こくようせき)のごとく光る瞳で品定めするようにこちらを見ている。「私の妹は妾だが、まだいいほうだ。だがあれの夫は国の内外から命を狙われている。もし死んだら、妹は確実に子供と露頭に迷う」 ためらいがちにバドゥルの唇に唇を重ねた…

アナタならどう書く?【集英社お題指定小説】『朧月』・前編

みなさま、こんにちは☆ ゆきうさぎです。暑い日が続いていますが、夏ばて、大丈夫ですか?? さて、本日と明日の2回は「お題指定小説」です。ゆきうさぎ、10代のころコバルト文庫愛読者でして、雑誌コバルトも廃刊になるまで(途中10年くらいブランクあ…

【短編小説】『ただ、君に逢いたい』6(恋愛ファンタジー)・終

「全部、俺のせいなのか……?」 俺があの時、清く高潔な精霊の心を、手前勝手な劣情で汚(けが)したからか。俺はまた守りたい者を傷つけてしまったのか。 ヤトラは奥歯をかみしめ、ふと足元に目をやった。星蘭(せいらん)草に混じって、薄紅の花が群生している…

【短編小説】『ただ、君に逢いたい』5(恋愛ファンタジー)

「……すまない、トウカ。あんたは俺を救ってくれたってのに……」 最低だな俺は、ひとりごちると自嘲した。黒髪をかきあげる。それから丁寧にトウカの衣服を整えると立ち上がり、引っさらうように琴をつかんだ。「そうだな……あんたの言うとおりだよ。俺は自分の…

【短編小説】『ただ、君に逢いたい』4(恋愛ファンタジー)

トウカは精霊だから、ヤトラがなにも語らずともわかってしまう。この男が人の世でなんのために生まれたのか、ずっと生きる意味を見いだせないでいたこと。誰かに必要とされたくて、つながろうと必死にあがき、やっとえた居場所を――悪意により一瞬にして奪い…

【短編小説】『ただ、君に逢いたい』3(恋愛ファンタジー)

「なあ、あんたさえ俺を受け入れてくれれば、俺は霧の国で生きていけるんだろう。たのむトウカ、このとおりだ。どうか精霊の王に取りついで、このままここにいさせてくれ」 深々と頭を下げる男のうなじを眺めながら、トウカは奥歯を噛みしめた。自分より上背…

【短編小説】『ただ、君に逢いたい』2(恋愛ファンタジー)

ヤトラはまるで幼子のごとく、トウカの後をついてきた。ずいぶん興味深げにこちらの挙動を眺めているなと思いきや、そのうち勝手に先回りして仕事を手伝うようになった。 男は見目が良かったが、手先も器用で、なにより頭が切れた。トウカが面倒くさがって直…

【短編小説】『ただ、君に逢いたい』1(恋愛ファンタジー)

こんにちは、ゆきうさぎです。さて昨日予告しましたとおり、今日から子供達の夏休み終了まで、短編小説を掲載します。夢たびのほうを楽しみにして下さったみなさま、もうしわけございません!!今しばらく、お待ち下さいませ~~ 汗汗なおこの作品は、原稿用…

【ご報告】はてなブログ、開設2ヶ月目・Home, happy home

「ご報告」。ブログ開設2ヶ月たちました。ブログを始めたきっかけ、PV数、投稿記事、読者数、導入したツール、感想、今後の予定など。

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと76『灯台守の歌』・大切なものは目に見えない Returns

「詩エッセイ」。それは創作と体験談を合わせた、ゆきうさぎ風、軽タッチの読み物です。 夢たび76「灯台守の歌」 【夢たび景色】「大切なものは目に見えない Returns」

【短編小説】集英社短編小説新人賞・もう一歩作品『ベトナムの、宵空に誓う』6(終)

その時、背後から声がかかった。 ふり返ると良介(りようすけ)の同僚のグエンさんが立っていた。 華菜(はな)より八つ年下だが、いかにもできる理知的な目をして、秘書風の華やかなブラウスにタイトスカート姿。 この街の大学を主席卒業した才女は英語も華菜よ…

【短編小説】集英社短編小説新人賞・もう一歩作品『ベトナムの、宵空に誓う』5

少年は最初、なにやら言い返していたが、根負けしたか、くたびれたビーチサンダルを根元に脱ぎ捨てるや、そのまま器用に少し登った。 指で指図(さしず)して鉈(なた)を受け取ると、刀のようにベルトにさし、ずんずん先へ進んでいく。 ひえー、命綱なくて三階…

【短編小説】集英社短編小説新人賞・もう一歩作品『ベトナムの、宵空に誓う』4

見たいならご随意に。 人間って慣れる動物だっていうけど本当だ。 檻に入ってはや二年、すでにこの衆人監視状態は平常モードで――本当は絶対に異常だと頭のどこかでわかっているけど、深くつきつめると鬱になりそうだから考えない。 まったく母ってのは一年三…

【短編小説】集英社短編小説新人賞・もう一歩作品『ベトナムの、宵空に誓う』3

だからそれは単に英語で話すのがいやで面倒だからなんだってばっ。 「とにかくなんか明らかに変だよ、あの人」 頭が、とアイナははっきり言った。 「……スタイルと服は完璧に素敵なのに、残念ー」 え、とつまったきり、とっさに答えが出なかった。 華菜(はな)…

【短編小説】集英社短編小説新人賞・もう一歩作品『ベトナムの、宵空に誓う』2

「えーずるい。桜もタイに行って象さんに乗りたい、明日行きたい、象さん象さんママぁ」 人が背後霊みたいに後ろに立った気配を感じて、華菜(はな)はすかさず軽い胃痛を押して立ち上がり、リストを手渡した。 「今日はこれをお願い」 「……卵は今日はないかも…

【短編小説】集英社短編小説新人賞・もう一歩作品『ベトナムの、宵空に誓う』1

みなさま、こんにちは。ゆきうさぎです。 さて私事ながら、今週は懸賞小説の応募〆切が迫っている関係で、現在ゆきうさぎ絶賛長編原稿推敲中です! 子供達は夏休みで家事もある、イベントもある。 ということで勝手ながら今週は詩エッセイ「夢たび」はお休み…

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと75『コスモス・ダンス』・サッカーな日

「詩エッセイ」。それは創作と体験談を合わせた、ゆきうさぎ風、軽タッチの読み物です。 夢たび75「コスモス・ダンス」 【夢たび景色】「サッカーな日」

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと74『運動会の真実』・運動会とスポーツフェスティバル

「詩エッセイ」。それは創作と体験談を合わせた、ゆきうさぎ風、軽タッチの読み物です。 夢たび74「運動会の真実」 【夢たび景色】「運動会とスポーツフェスティバル」

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと73『地中海の車窓と一杯のコーヒー』・兵役雑感

「詩エッセイ」。それは創作と体験談を合わせた、ゆきうさぎ風、軽タッチの読み物です。 夢たび73「地中海の車窓と一杯のコーヒー」 【夢たび景色】「兵役雑感」

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと72『雨粒の奇跡』・人が人生で会う数

「詩エッセイ」。それは創作と体験談を合わせた、ゆきうさぎ風、軽タッチの読み物です。 夢たび72「雨粒の奇跡」 【夢たび景色】「人が人生で会う数」

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと71『世界が変わる日』・柔軟に、受け止める

「詩エッセイ」。それは創作と体験談を合わせた、ゆきうさぎ風、軽タッチの読み物です。 夢たび71「世界が変わる日」 【夢たび景色】「柔軟に、受け止める」