Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【自作ノベル】宇宙に浮かぶエリュシオン 4

【スポンサーリンク】

みなさん、こんにちは。
創作が大好きな、ゆきうさぎと申します☆
10月最終週から、自作中編小説『宇宙(そら)に浮かぶエリュシオン』を記事にしてます。

この話、最初は20回くらい予定だったんですが。
元原稿が2014年作。これをそのまま載せるのもどうかと思って、はてな記事にする際、修正入れたり先の方でエピソード足したりしちゃってます。
たぶん今、連続25回くらいで終わるかなぁ。って感じ。

『西暦2122年。――前向きで努力家、少し気の弱い一ノ瀬天音(そら)は、二十二歳の国際宇宙気象観測所、通称ISSOM研修生。

研修補助員(サポーターズ)制度で同居していたオリビエには婚約者がいた。それなのにある日、オリビエは天音を抱きしめて――?

読者のみなさま、ひきつづき、物語をお楽しみ下さい♪


【最初から読みたい方はこちら↓】

宇宙(そら)に浮かぶエリュシオン 2-2(4)

(どうしてあんな……婚約者がいるのに)

オリビエはあと少ししたら、この部屋を出て行ってしまうのに。
別の研修補助員(サポーターズ)を受け入れる申請だって、すでに事務局に済ませてあるのに。

おそらくオリビエとは、お互いが国に帰れば会うことはもうない。
折に触れて時節の挨拶くらいは送るかもしれないけれど。

お元気ですか、私は元気にやっています、奥様との生活はいかがですかーー。

(そんな話、聞いてどうするの)

あのハグさえなければ……こんなふうに思い悩むこともなかったのに。

オリビエは優しい。優しくて、ずるい――。

ようやくスープを完成させると、ハンバーグやサラダなどと一緒にダイニングテーブルに並べる。

腹の底に染み入る寂しさをこらえながら、そろそろ帰ってくるころかな、と壁掛け時計を見やった。

と、まさにその瞬間、認証キーの承認音が響いて玄関の自動扉が開いた。

「お帰りなさ……」

笑みかけた唇が、そのまま止まった。

「ただいま。よかった天音、いい知らせだよ」

なんで? 嘘でしょ。

充満していた料理の香りが廊下に逃げてゆく。

代わりに乾いた空調の涼風が部屋に流れこむ。

オリビエは明るく微笑みながら体をずらした。

「紹介するよ。君の新しいルームメイトだ」

そんな。

「事務局が僕と入れ替わりでどうかと打診してきたんだよ。いいよね、天音? 彼になら安心して後を任せられる」

「……また会ったな、一ノ瀬天音」

オリビエの背後に立っていたのは。

黒くて硬質なスーツケースと大きなバックパックを一つかかえ、おそろしいほど冷淡な表情でこちらを見下ろす黄龍だった。

                    3

f:id:yukiusagi-home:20191028010940j:plain
ISSOMの夜は紛い物だ。厳正に管理された鋼鉄の塊は地球の周囲を自転している。

この百年で宇宙進出技術は飛躍的に進歩し、人類が生涯にわたり宇宙空間に居を構えるのも夢ではなくなった。

それを証明するひとつがISSOMと言ってもいいだろう。

ISSOMはこの施設設立を最初に提唱した米国の、大学一つ分ほどの広さを持つ。巨大な太陽光発電設備を備え、回転しながら昼夜の時間がほぼ等分されるよう調整されている。

実感としては昼のが夜より少しだけ長いが。

――なあ、いいだろ、ファンロン? 堅いこと言わずに、一度くらいつきあってくれてもいいじゃないか。

オリビエの本国帰還まで一週間を切り、どうしても二人で飲みたいという誘いを断れず、余暇棟(レクリエーシヨンエリア)の酒場で三時間ほど過ごした。

隣接する住宅棟(リビングエリア)までは徒歩で十数分。

しかし今夜は酔っ払って陽気にふらつく大男と歩いているせいか、遅々として距離が埋まらない。

「まさかファンロンが、こんなに酒に強かった、とはな。これはぁ、立派な、詐欺だっ。あの頃は、酒なんて嫌いだとか、言ってたくせに……」

「酒は今も嫌いだ。仕事にさし障る」

「それは、ちがうっ。君、酔わないように、常に精神をコントロールしてるだろうっ。それってまだ、あの時の作戦のせいで、今でも悪夢を見るからじゃ……」

「おい、オリビエ。その話を蒸し返すなら、俺はおまえをここに置いていくぞ」

「あああ、またその仏頂面。よろしくないな、まったくもって、なってない。はい、もっと笑ってー、感じよくっ」

ろれつの回らぬ口から酒臭い息を吐くと、オリビエは俳優のように白い歯を見せて笑った。

「わかった、わかった。もう言わない。しかしショックだなぁ、僕にも本心を見せられないんですかね。昔は相談してくれたじゃないか」

「……」

「ああ、君は強い男だから、僕の助けなんて必要ない、誰から手をさしのべられても絶対、受け取らない。なんだって一人でできるってんだろ。わかってますよ、腹立つなぁ」

「おまえ。飲み過ぎだぞ」

「はい、今夜の飲み代はぁ、全部、僕が払いましたー。この意味わかるだろ。後は、頼んだからなー」

「だから。了解したって言ってるだろう、さっきから何度も」

「本当にかぁ? 天音のことだぞ? ちゃんと面倒みてくれるのか?」

「わーかったから、まっすぐ歩けって」

ようやく帰宅すると、暗めに調整された明かりの居間で天音が待っていた。

ダイニングの机を横目で見やると、案の定、冷めないよう保温機能つきのプラスチックカバーのついた大皿が数枚並べてある。

今までぼんやり帰りを待っていたにちがいない天音は、オリビエを見るや、突然スイッチが入った人形みたいにてきぱきと動き出した。

わっ、飲んできたの、酔ってるの? 二人とも、お水いる?

(オリビエのやつ。さては、なにも連絡せずに俺を誘ったな)

こういうところの気配りがまったく抜けているのだ、この大男は。

すごい匂いー、どれくらい飲んできたのか想像もつかない、と苦笑しつつ、そそくさと手料理を片付ける天音を見るのは初めてではない。

舌打ちしたい気持ちで横を見た。だがオリビエは目尻を赤くし、ソファにだらしなくのびている。

台所に消える天音の背を確認し、髪をかきまぜながら床にあぐらをかくと、横でうめき声がした。

「あー、はぁ、そうだ、書類……鞄の中のー」

「書類?」

「天音の書きかけ論文だよ、昼間見たやつ、渡さなきゃ」

まるで瀕死の重傷者が救いを求めるように、オリビエは床に放り出した鞄にむかって片手をさしのべる。

「帰国が迫ってるってのに、まだやってるのかよ」

「だぁって彼女、文が拙いんだ。日本語を英訳するのは骨の折れる作業みたいでさ。なんにせよこれで僕は終いなんだ。ファンロンよこせ、鞄っ」

「いいから、おまえは少しそこで寝てろ」

うだうだと絡んでくるオリビエが面倒で、つい昔のように命令口調になった。

するとオリビエは荒い息を吐きながら、ごろりと仰向けになり、ソファの上で大げさに敬礼したあと、天音が側の脇机に乗せた水のグラスへと長い手を伸ばした。

5に続く>>http://www.yukiusagi.site/entry/sora-5

※よかったら↓もご覧下さい☆
【すでに完結した短編小説はこちら↓】
 

 【詩エッセイシリーズはこちら↓】