Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【自作ノベル】宇宙に浮かぶエリュシオン 27

【スポンサーリンク】

初めての皆さま、こんにちは。ゆきうさぎと申します☆
10月最終週から、自作中編小説『宇宙(そら)に浮かぶエリュシオン』を記事にしてます。

着想は10代の終わり頃。元原稿が2014年作。
物語は佳境にさしかかっております。そして原稿も増え続けています……汗 つまるところ、推敲の量が半端ないっす……ちーん。
なぜ原稿が増えているのか。今週はひとえに黄龍のせいです。この人、天音と一緒に居ないとき何してたんだろうと、軽い気持ちで書いてみたら、どんどん展開がハードになっていくではないですか。そして動きが速くてついていくのが大変、ひー、待って~~。
そんなこんなで、裏でバタバタしてますが、どうぞよろしくお付き合い下さい。。
『西暦2122年。――一ノ瀬天音(そら)は、二十二歳の国際宇宙気象観測所、通称ISSOM研修生。

天音の研修補助員(サポーターズ)で同居人の黄龍(ファンロン)は、三つ年上でベトナム出身の英才冷血宇宙飛行士。二人は一緒に暮らすうち、相手を意識するようになっていく。二人で出かけたISSB―Lab(国際宇宙植物園)、通称『楽園(エリュシオン)』への旅行で、天音は黄龍の複雑な生い立ちを知り心を寄せる。しかしふたたび戻ったISSOMでは、天音の気持ちとは裏腹に不穏な計画が進行していくのだった――。』

読者のみなさま、引き続きエリュシオンをお楽しみ下さい♪
【最初から読みたい方はこちら↓】

宇宙(そら)に浮かぶエリュシオン 10ー2(27)

水商売に違法薬物。

およそこのクリーンな衛星にふさわしくない連中が、どこで噂を聞きつけたか、例の祭りの前に荒稼ぎに来ている。

「一番ヤバいのは人身売買組織だ。一見ただの立ち飲みバーだが、美男を看板にして若い女を釣るんだ。言葉巧みに狙った獲物に睡眠薬入りのカクテルを飲ませ、泥酔したら連れ去る。おそらく『梟(フクロウ)』が入れたんだろうが――」

こっちだ、と浩宇はコンテナ角を曲がる。

「サザンで聞いた話じゃ、奴らはさらった人間に焼きごてまで入れるらしい。まるで昔の奴隷貿易だよ。さっきの声が、俺たちの知り合いじゃなきゃいいが……」

だがコンテナの中程に力なくうずくまり、浅い息をしていたのは、はからずもよく見知った顔の女だった。

苦い思いがこみあげてくる。

「おい、大丈夫か」

腹部を数カ所刺されている。
他にも何カ所か切り傷がある。

近寄ろうとすると浩宇が前に出、血だまりにひざまづいた。

「しっかりしろ、エレン!」

ぐったりしている女の背に手を入れて名を呼びかける。

なんだ浩宇め、いつのまにと一瞬思ったが、まあこの天音の友達は新顔と交流するのにも抵抗がないから、話しているうち意気投合したんだろう。

「なに……ハオユーもいるの? 痛っっ」

俺は思わず顔をしかめた。

右脇腹からの深傷が大きく見えるが、手首を切られている、これが一番まずい。
一見してわかる。これはもう――助からない。

「助けて」

それなのにエレンは必死な顔でそう言い、ぜいぜい息を切らした。

「さ、さっき一瞬、横顔が見えたから……ファンロン、やっぱりあんただった……」

「わかった。それ以上、しゃべるな」

俺はエレンの顔を見つめながら、背後に神経を集中した。

浩宇も気づいたようだ。

いる。

この女を刺した奴らがまだ、こちらを伺っている。

おそらく敵か味方か判断しかね、足が止まっている。

この数瞬が勝負だ――と察するより先に身体が反応した。

コンテナに沿って走り出すや、慌てた足音が追ってくる。一。二。三。四。

最初に襲いかかってきたのはケイバー型ナイフを振りかざした白人の色男だった。

バックパックを投げつけて体勢を崩したところを足払いし、仰向けに引き倒す。肘をひねってナイフを奪うと、反撃する間を与えず容赦なく心臓に柄を突きこんだ。男はうめき、胸を押さえてもがいたが、やがて痙攣して動かなくなる。

二人目は背後から襲ってきた。

これは上背のあるヒスパニック系で、とにかくごつい。飛びすさってやり過ごし、力任せに殴りかかってくるのをかわしてよける。
隙をつき、露出している右腕部を狙って、手首から肩までナイフで一閃した。

「うああ、畜生! やりやがったな!!」


腕を朱に染めながら、わめき散らしている男の懐に飛びこむと、そのまま顎を狙ってナイフの柄ごと拳を叩きこむ。
顎の骨がくだける感触があって、男は地面をのたうちまわった。

どうやらこいつらは兵士じゃなさそうだ。ただのゴロツキの下っ端ってところか。

「気をつけろっ、二人とも玄人だ」

一番奥の男が短く叫ぶ間にも、正確に状況を読んだ。

敵はあと二人。まだ間合いが狭い。
しかしそれは銃を所持していないか、持っていても事情があって撃てないことを意味する。

そうか。例の決行は明日だ。今ここで銃撃戦が起き、注目が集まるのを避けたいのなら、これは『梟』傘下の輩と見てまちがいないだろう。

その時、暗闇をきらりと光が走り、三番目のドレッドヘアがつぶれた声をあげて、ばたりと倒れた。

見れば浩宇の投げたバタフライナイフが喉を貫通していた。
倒れた男は盛大に首から血を吹き上げている。

「むやみに殺すな、浩宇!」

「へいへい、すんません」

浩宇は不服そうな声を出す。これであと一人。まだ聞きたいことがあった。

最後の一人――訛りからして南アフリカ出身の白人は、少々厄介だった。
仲間が全員倒れたとみるや、脱兎のごとく踵を返して逃げだしたからだ。

そのふくらはぎにナイフを投げつけ、追いついた背を蹴り飛ばし、中腰で崩れかかるところを後ろから羽交い締めにした。

抵抗したので左腕を掴み、関節と逆側にへし折ってやると、相手は潰れた蛙のような奇声をあげる。

「言え。これは誰の指図だ」

膝立ちした相手の首に腕を入れて絞め上げた。命乞いする男の口から出たのははたして知った名だった。やっぱりか。予想はしていたものの、すっとみぞおちが冷えた。

「今、聞こえなかった、そいつはなんて? エレンを刺したのは人身売買の奴らなのか、黄龍」

確認するように、浩宇が聞いてきた。

「……ああ」

短く答えしな、男のこめかみを狙って拳で強打した。男は口から泡を吹いて気絶した。

なんだ。バイドアで対戦した輩と比べたら、まったく弱いとしかいいようがない。
――こんな奴らにエレンはやられたのか。

いまさらのように、天音が心配になってくる。とにかく明日、無事を確認しに帰ろう。
心の中で段取りを確認しながら浩宇のところへ戻ると、

「ねえ、さっきから血が……全然、止まらないんだけど、どうしよう、死ぬ? 死ぬかも、あたし」

エレンが悄然(しょうぜん)とこちらを見た。

f:id:yukiusagi-home:20191122001242j:plain
 28に続く>>http://www.yukiusagi.site/entry/sora-29

【すでに完結した短編小説はこちら↓】
 

 【詩エッセイシリーズはこちら↓】