Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【短編小説】『ただ、君に逢いたい』3(恋愛ファンタジー)

【スポンサーリンク】

「なあ、あんたさえ俺を受け入れてくれれば、俺は霧の国で生きていけるんだろう。
たのむトウカ、このとおりだ。
どうか精霊の王に取りついで、このままここにいさせてくれ」

 深々と頭を下げる男のうなじを眺めながら、トウカは奥歯を噛みしめた。

自分より上背もある立派な体躯の男が――なんて無防備な姿を晒(さら)しているんだ。

「やめろ。私に取り入ろうとしても無駄だぞ」

 いたたまれなくなって、顔をそむけた。

 わかっている。

ヤトラはただ、トウカが砦を守る戦乙女(いくさおとめ)だから、こうやって最大の礼をつくしているだけで。

きっと先刻の接吻だって挨拶代わりで、深い意味などないはずで。


(くそっ、『死にたがり』め……!)


 この砦にたどりつく人間は、たいていが生命(いのち)の草ねらいの賊徒、あるいは道に迷った俗物、まれに神樹伝説の真偽を確かめに来た賢者というところだった。

だが中にはヤトラのような者もいると、話に聞いてはいた。

(おまえは本当にそれでいいのか……?)

 ――ちりん、心の中で鈴が鳴る。

 そう、問わずともすでに答えは出ている。

ヤトラは精霊とも共鳴できる心を持つ。合格だろう。王はこの人間を受け入れる。

 なのに今、無性にそのことが腹立たしく哀しくて、どうしても素直にうんと言ってやることができなかった。

「――そろそろ機嫌を直したらどうだ」

 また夜泣き鳥が鳴いた翌日、書き付けを持って小屋を出たトウカを追い、ヤトラはあきれたように声をかけてきた。

「気にさわったのなら謝ると、何度も言っているだろう? 
いい加減、口をきいたらどうだ」

 まったく世に名高い戦乙女が、まさかこんな強情っぱりの子供(がき)だったとはな、聞こえよがしにつぶやかれ、トウカは思わずむっと後ろをふり返った。

 それを待っていたかのように、ヤトラはひょいとトウカの手から書状を取る。

トウカにわざと届かない高さに持ち上げながら、くだんの大木のうろに軽く押しこんだ。

「それにしても、この木は……すごいな。二百年は前からここに生えているんじゃないか」

「っ、『王の木』に軽々しく触るな!」

 怒鳴ってしまってから、しまったと口に指をあてたが、もう遅かった。

「……王の木? なんの話だ」

 トウカをしゃべらせるのに成功したヤトラは、嬉しそうににやにやしている。

「そうだ。その木は精霊王の目であり、耳だ。そして私たちの母でもある」

 不可解な顔をする男を見上げ、トウカは腰に手を当てると精一杯、胸をはった。


「ヤトラ。おまえたち人は、子を母親の胎内に宿すそうだな。だが私たち精霊は子供は産まない。子が欲しければ、王の木に託すんだ」

「なに」

「精霊の男女は夫婦になると、魂を重ね合わせる。その魂の一部を、王の木の養分として吸わせるんだ」

 不可解な顔をする男を無視し、話し続けた。

「すると木はその霊動を受けて花を咲かせ、実をつける。やがて、たわわに実った果実の中からは夫婦の幼児が生まれてくる。人間のように赤子ではなく、な――」

「は。冗談だろう、そんなおとぎ話……」

「本当のことだ。精霊は嘘は言わない。もし掟を破れば、王がその者の魂を木に喰わせる」

 ヤトラはぎょっとしたようすで大木から手を離した。

「だが、王の木にも一つ難点があってな。人が生命(いのち)の草とありがたがる星蘭(せいらん)草が、近くで花粉を飛ばさないと、花芽が出ないんだ……」

「この薄紅の花は、星蘭(せいらん)草じゃないのか」

「それは桜蘭(おうらん)草だ。似ているが葉の形がちがう。茎(くき)に毒を持つ、うかつに触るなよ」

 トウカは目をふせ、いとおしむように王の木を撫でた。

なるほど、とヤトラは呟(つぶや)く。

「しかしトウカ、いいのか? そんな話を俺に明かして。それはもしや、あんたたち精霊族にとって極秘事項ってやつなんじゃ――」

「かまわない。というより、問題はそこじゃない」トウカは穴のあくほど男の目を見つめると「ヤトラ、おまえは精霊じゃない。人だ」

「なんだ、藪(やぶ)から棒に」

「人は精霊同士のように、夫婦になっても魂を重ねたりはできない。つまり、この国で暮らすつもりなら……おまえは精霊王の下僕(げぼく)となることはできても、一生こちらの者とは子をなせないんだ――」

 結局、誰とも真にはつながれない。それでも霧の国に留まりたいのか、顔色を無くした男に言いはなつ。

「私は気休めは言わない。すべてを包み隠さず、おまえに話すと決めた」

 強い光を緑の瞳にやどして相手を見た。

「いいか、いったん霧の国の住人になってしまえば、人間としてのおまえは死ぬ。だが肉体が滅んだところで人は、けっして人以外のものにはなれない……」

 

その4に続く>>http://www.yukiusagi.site/entry/tanpen2-4

f:id:yukiusagi-home:20190808155306j:plain

【最初から読みたい方はこちら↓】