Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【短編小説】『ただ、君に逢いたい』4(恋愛ファンタジー)

 トウカは精霊だから、ヤトラがなにも語らずともわかってしまう。

この男が人の世でなんのために生まれたのか、ずっと生きる意味を見いだせないでいたこと。
誰かに必要とされたくて、つながろうと必死にあがき、やっとえた居場所を――悪意により一瞬にして奪い去られてしまったことも。

だが、それでも。

「なあヤトラ。逃げた先の死に、救いはない。生きていることを恐れるな」

「トウカ……」

「人は皆、しょせんはひとりなんだ。その真実から目をそらすな。どんなに今が苦しくても――」

 ヤトラは答えなかった。やがて悄然(しょうぜん)としたようすできびすを返すと、トウカの横を通りすぎる。

 トウカは後を追わなかった。

男の心境を思えば何かなぐさめを言いたかったが、聡いヤトラならば、己(おのれ)の力だけでこの苦境を乗りこえられるだろう、と信じたからだ。


 その日の宵(よい)、日が暮れてもヤトラは小屋に戻らなかった。

トウカが探しに出てみると、男は星蘭(せいらん)草の群生する崖端に座り、小さく竪琴を奏でていた。

星蘭(せいらん)草は星の光を受けると青白く発光する。

無数の光が風に揺れる中、夜の静寂(しじま)に優しい楽(がく)の音が溶け、暗い谷底へ流れ落ちていった。

「……食事が冷めてしまうぞ」

 トウカは無造作にヤトラの隣に座った。

まったくこの男は……無防備に心を開きすぎだ。

トウカが監視役だという事実など忘れたように、もう人の世界へ戻る算段をしている。

(ふん……投獄された仲間を救うため、生命(いのち)の草を一輪、私に黙って持ち帰るつもり、なのか……)

 泥棒は処罰する決まりだが、しかたない、一輪くらい見逃してやろう、と苦笑いした。

今のままここにいても、この男に救いはない。帰る気になってくれてよかった。

(これで本当にサヨナラだな、ヤトラ……)

 迷い森は人がこちらがわに来る最初の関門だ。そう何度も通りぬけられるものじゃない。

おそらく私がこの竪琴の音色をここで聞くのも、今宵が最初で最後。

(まさか……こんな気持ちになるなんて)

 トウカはひそかにため息をついた。

砦の役は百年交代だ。

この百年、トウカはずっと独りだった。

話し相手もなく、ただ村に戻ったらどうするか、先のことばかり夢想していた。

 それが初めてこの瞬間、この一時、時間が永遠に止まってしまえばいいとさえ思う。

 このままヤトラが奏でる繊細で力強い調べを、いつまでも心のまま聞いていたい。

今までこれほど胸が熱く高鳴ったことなどない。

 ――けれど、それが叶わぬ願いであることも理解していた。

 人と精霊では命の長さも、若さを保つ力も、魂のあり方も、なにもかもがまったくちがう。

昔、ヤトラのようにこちら側へきて戦乙女(いくさおとめ)と恋仲になった人間の男は、そのことに結局耐えきれず、やがて人の世へ戻っていった。

 そう。霧の国では有名な話だ。

その後、恋やぶれた戦乙女がどうなったのかもふくめて――。

 ひとしきり心に沁みるもの悲しい演奏を続けたあとで、ヤトラはふいに手をとめた。

「……トウカ。一つ、聞いてもいいか」

「うん?」

「俺は人間で、あんたは砦を守る精霊で……」

 なにかをひどく押しこらえるような声。

「侵入者の俺を、初見で排除することだってできはずだ。それをしなかったのは……」

 ふいにヤトラは琴を投げ出した。

「――なぜだ?」

 トウカは息を飲んだ。男は射貫くような捨て身のまなざしでこちらを見ていた。

「ヤトラおまえ、なに……を!」

 ヤトラはすばやく半身をひるがえすや、トウカを星蘭(せいらん)草の上に押したおした。

「なあトウカ。精霊でもあんたは女で……俺は男だ。だから、このままこうして――」

 男の大きな両手がしっかりとトウカの手首をつかむ。硬い胸が強くのしかかってくる。

「……人間の女を抱くみたいに、あんたを抱いたらどうなる?」

「な」

「魂じゃなく、身体を重ねたらどうなるんだ」

熱い吐息が首筋にかかった。

清涼な汗の香り。

鎖骨を濡れた唇が這い、トウカは頬に朱を散らしながら、たまらず背をのけぞらせた。

「やめっ、やだ、ヤトラ……!」

 しかし男は動きを止めなかった。荒々しい息づかいと、自分とはちがう肌の熱。

胸の奥で鳴り止まない鈴の音を聞きながら、ぎゅっと目をつむる。

怖い。

身体の芯が溶けて、どうにかなってしまいそうだ。

どうしよう、忘れてしまうつもりだったのに……これじゃ我慢できない。

 ――私は……もうヤトラを突き放せない。

 いつしかトウカは泣いていた。

その気配に気づくとはっと我に返ったように男は顔を上げ、穴の開くほどトウカを見つめた。

それからのろのろ身体を外すと起き上がり、眉を寄せ、口に握りしめた拳をあてる。

 

その5へ続く>>http://www.yukiusagi.site/entry/tanpen2-5

f:id:yukiusagi-home:20190809094620j:plain

【最初から読みたい方はこちら↓】