Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと・15~16「そういう時も、ある」

【スポンサーリンク】

こんにちは、ゆきうさぎです。
はじめてのみなさま、ようこそお越し下さいました!ありがとうございます☆
子供の頃から夢を見ずにはいられないまま、大人になりました。
前からご覧になられているみなさま。引き続き、「夢たび」お楽しみ下さい♪
ちなみに、「夢たび」は全部で103作あります。
できるかぎり毎日更新していくつもりですので、よろしかったらどうぞ最後までお付き合い下さいね☆ 

 

f:id:yukiusagi-home:20190613093901j:plain

イラスト提供:ふわふわ。り

 

夢たび15「嵐」

 

祭りだ 祭りだ 一大事!

みこしをかつげ それ
風神様の お通りだい
雷神様の お通りだい

風の仲間から お声がかかったら
飛んでいかずにゃ いられない

手つないで 歌え
輪になって 踊ろう

酔いに任せて 踊り狂い
いきおい余って 宙返り
押し倒し なぎ倒し
いろんなモノが 吹き飛んだ

ごめんね みんな
悪気は ないんだ

こんな日は おうちの中で
あったかいお茶でも 飲んでいて

明日になったら 酔い冷めて
新鮮な空気を 運んでゆくよ
あじさいの花も 咲くだろう

みこしをかつげ それ

風神様の お通りだい
雷神様の お通りだい

 

夢たび16「ひとりぼっちの夜」 

泣きたいのに 泣けなくて
眠りたいのに 目が冴えてしまう
 
怒りたいのに ぶつける相手もなく
傷ついているのに 聞いてくれるひともいない
 
そんなひとりぼっちの夜は
 
お気に入りの曲を ひとつ選んで
お気に入りのお茶を 丁寧にいれて
聞いてほしいんだ
 
ゆっくりと かみしめるように
 
ほら 耳をすましてごらん
 
曲にあわせて 君の心も
歌っているのが 聞こえるだろう
 
大丈夫 君はまだ歌える
 
朝になれば 今日の記憶は
風が遠くに運んでいくから

信じてみて
 
なにが起きるかわからない
新しい まっさらな明日をさ
 

【夢たび景色】そういう時も、ある 

「嵐」

最近、本当に毎年、豪雨が増えました。

災害級豪雨でなくても、警報が出たために、子供たちを小学校へお迎えにいったりしています。普段、訓練はしていても、本番って全然ちがうものなんですよね。ゆきうさぎはまず連絡がメールで来ていることに気づきませんでした。
そして連絡がきて40分くらい経過していたことにパニックになり、着の身着のまま、傘だけもって豪雨の中を小学校へつっぱしり、
はっ、そうだ上履き忘れたっ!!
どうしよう、まあもういいか、裸足でっ!!!
びっちゃびちぐちゃぐちゃの学校の廊下を外靴と傘を持って走っていたら(廊下は走ってはいけませんねー)、ママ友に
「あれ?なんで裸足?」
「だって上履き忘れちゃったからー」
「は? 緊急時は外靴で上がって可じゃん」
と指摘されました……。え。えええ。
いやー、パニックって怖いですな。自分はけっこう冷静かと思ってたけど、実際なにをしでかすかわかったもんじゃないな、と思い知った日でした 苦笑
しかし、ゆきうさぎの記憶にあるかぎり、自分が学校にいたころ、雨で家に帰ったことなんてないような。
温暖化の一環なのでしょうね、20年、30年前より今のほうが、断然、自然が凶暴になった感じがします……涙。
できれば豪雨も「嵐」程度の悪ふざけまでで、とどめてもらえるとありがたいなぁ。
 
「ひとりぼっちの夜」
心がなにかに囚われていると、動物園で檻の中に閉じこめられた動物みたいに、ぐるぐる、ぐるぐる、ずーっと同じところを周回しちゃったり、しません?
ゆきうさぎもそういう状況になることが、まま、あります。
でも心って、一つのことに囚われすぎていると、だんだん元気がなくなっちゃう気がするんですよね。よく食事でも、
「炭水化物ばかり、タンパク質ばかり、糖質ばかりとるな」
とか言うじゃないですか、あんな感じで。
一番ポイントなのは、自分が檻の中に入っちゃってるな、って気づけるかどうか。
わからなかったら、ずーっと疲れ果てるまで暗闇の中を徘徊するはめになるのですが。
あ、なんかここにもここにも壁あるじゃん、なに?私、今「囚われの姫」状態なわけ?!(囚われの姫……笑 いいなぁお姫様、永遠の憧れ 笑)
って気づければ、あとはそいつを打ち砕くだけ!
あ、待ってても残念ながら私たちは姫じゃないので、ほぼ100%王子は助けにきませんので。面倒でも自分でぶっ壊して下さい。 苦笑
大丈夫、できるできる、自分の力を信じましょ。
そしたらあとは、明るいほうへむかって進んでいくだけさっ。
ほんとはねー、ハグ&キスしてくれる人が、すぐそばにいるといいんですけどもねぇ。欧米人はほんとによくハグするじゃないですか。あの文化は日本にも広がればいいのにな、とドイツで6年暮らした経験のあるゆきうさぎは、時々思う。
人肌のぬくもりって、意外と癒やし効果あるんですよね。
もしそういう相手がいてくれたら、相手に深く感謝しましょう!
 
それではまた。
ごきげんよう~^^
 
(続きはこちら↓)


(最初から読みたい方はこちら↓)