Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと47『ラッキー・アイス』・中間管理職シンドローム?


こんにちは、ゆきうさぎです。
はじめましてのみなさま、ご訪問ありがとうございます☆
前からご覧になられているみなさま。引き続き、「夢たび」お楽しみ下さい♪
子供の頃から夢を見ずにはいられないまま、大人になりました。そんなゆきうさぎが10年近く前に書いていた詩「夢のたびびと」に、このたび新たに「夢たび景色」を書き加えたものが、このブログです。
よろしかったら、今日もしばしお付き合い下さい!
 

f:id:yukiusagi-home:20190629111605g:plain

イラスト提供:ふわふわ。り

  夢たび48「ラッキー・アイス」

 


夏休みも 終わりに近づく日曜
僕は 100円のお駄賃つきで
父さんの 洗車を手伝っている
 

ホントは 映画を見に行く予定だったけど
妹が 夏風邪を引いちゃったんだ
 

だから手には掃除機 ねじりはちまき
 

なに? 僕の心境? 
そりゃ 今の天気と同じさ
くらーい雨雲 かみなりゴロゴロ
 

車内清掃は 僕の担当 
掃除機が うなりをあげる
ええい こうなったら徹底的に
吸って 吸って 吸いまくるぞ!
 
勢いこんで 土ぼこりのたつ 敷物をどけたら
座席の下 キラリ なにか光ったぞ
 
おや 落ちていたのは100円玉
しかも 全部で300円!
 
正直に 申告したら
お駄賃が 400円にあがった
一瞬 高い外国製アイスが頭に浮かんだけど
それじゃ 一人分にしかならない
 
だから 僕が買ったのは
100円の くじ付きアイス
アタリが出たら もう一本もらえるやつさ
これで家族四人分 冷たいアイスが食べられる
 
妹には すましてこう言うつもり
にいちゃんは お駄賃100円で
3本もアタリがでたんだ ってね
  

【夢たび景色】「中間管理職シンドローム?」

『ラッキー・アイス』
みなさんは、普段どんな車に乗られているんでしょうね。
生活のため、仕事のため、趣味のため。
いいや、うちは交通の便がめっちゃ便利だから自家用車いらない、って人もいらっしゃるかもしれませんね?(ゆきうさぎも新宿区に住んでた時は、はっきりいって、車いりませんでした~~地下鉄もJRもバスも充実してるし)
ゆきうさぎの父は昔、スバルのレガシィに乗ってました。
どこかの世界自動車レースで1位を取った型だとかで、車体の後ろにそのエンブレムが入ってるワゴン車で、たいそうお気に入りでした。
が、しかし、父は乗り回すのは好きでも、お掃除は全然ー、興味のない人でね 笑
ずいぶん乗ったあと、その車がお下がりでゆきうさぎの家の家族車になってたんですけども。
 
ある暑い夏の日に、汗だくで掃除をしはじめたら、まー、車の絨毯やら椅子の隅から、小銭が出てくる出てくる!!!
なんじゃこれー!!!
車の掃除って、あんまり楽しくないっていうか、真夏の激暑地獄だったところ、もうその小銭を見つけただけで、俄然やる気満々になったというか 笑笑
だって、すごーくワクワクしません?
宝探し? 海賊?? ONE PIECEですかっ??!!
結局、1000円くらいは出てきたんじゃないかなー。
父に「ちょっと、見てよ、車からこんな大金を発掘したんだけど!!(どや顔)ほれ、返しに来たよ!!」
って言ったら
「そんなモノは知らん。あの車はもう、おまえたちのなんだから、その金もおまえのものだ」
まじで!父、太っ腹!ラッキー!!!!!うぇーい!
……というわけで、『ラッキー・アイス』半分できあがり、というわけです。笑
 
で、これを読まれている方で、お兄ちゃんお姉ちゃんな方、いらっしゃいます??
もう半分は、お兄ちゃんお姉ちゃんの気持ちを代弁する感じというか。
あるある~~こういう感覚、の方いたら嬉しい。我が同志よ。笑
下の子は下の子での苦労もまたあると思いますけど、上の子って、親の代わりに下の子の世話をさせられたりとか、我慢を強いられたりとか、よくありませんでした?
上の子が親その他に頼まれることってホントに多くて、
「留守番お願いー」
「遊んでやってー」
「着替えみてやってー」
「勉強みてやってー」
「フロに入れてやってー」
「〇〇取ってー、××しといてー、▲さんに伝言しといてー」
ざっと上げるだけでも、なんかかんか、毎日、雑用三昧じゃありませんかね 苦笑
自分でも、なんでこういう状況に追いこまれているんだか、よくわからないまま、気づけば働いている。
で、いちおう謝辞はくるけど、大人たちから、あたりまえの労働力としてカウントされているから、働いてるのに……自分の時間や労力は失ってるのに……なんか割に合わなくね? おや~??

下の子からすると「えー、でもにいちゃんや、ねえちゃんは、いつも期待されて、なんか新しいもの買ってもらって、エラソーにしてて、ずるいっ」みたいのもね、きっとあると思うんですけどね。
いやいや、下の子が気づいていない部分でも、けっこう下働きしてるんですよぅ。プレッシャーもあるし。

ゆきうさぎは長女なので「「長女」のための本(多湖 輝、新講社)」って本を昔読んだのですが。
曰く「長女は『中間管理職』である」って。
長男が「オーナー社長」なら長女は「中間管理職」。下の子たちの意見を吸い上げながら、親の顔色も見なきゃならない。
そうそう!!ほんとそれだ!!あたってる!!
ていうか、じゃあさ、長女が中間管理職やったら、ひょっとして最強なんじゃね?
とも、思うけど。
まあでも、いくら向いているからと言って、それを本気で長女たちがやりたいと思うかどうかは、また別問題ですものねー。
中間管理職、ゆきうさぎが働いてた時も、上司たちいつも大変そうだったよな。
なんていうか、一言でいうと、不条理っつーの?
世代間ギャップもあるし。若者は若者ルールがあるんだけど、上の世代はまた全然ちがう価値観の中で生きてるじゃん。で、両方どっちも正義なんだよな。
ちょっとは、間に挟まれる身にもなろうよ~~。
なんでも頼まれる。なんでも解決しろと言われる。ありとあらゆる話を聞かされて、文句を言うことは許されない。
それが~♪ 中間管理職って、お仕事さ~~♪(明るく歌ってみたけど、全然辛い)
今、夫もまさに中間管理職世代ど真ん中ですが。
世の中のお父さんたち、本当に毎日、お疲れ様です。涙
がんばれよー!! 影ながら応援してるよ!! ファイトっ!!
で、きっとね。
がんばってれば、たまにはいいこともあるんですよ、ラッキー・アイスみたいなね。
 
《お知らせ》
これまで毎日、夢のたびびとを2編づつ掲載していたのですが。
なんか振り返って記事をみたら、「おっとぉ。ここのところ、どんどん記事が長くなってんじゃね?!」と気づき。(え、遅い?)
正直ゆきうさぎ書くのは全然ー、苦しくないのですが。
まあ一個一個丁寧に上げたほうがいいのかもなー、というのも思いまして、今日は一編にしてみました。(物足りないでしょうかね……汗)
あとね、2編上げていくと、ずんずん季節を先取りしちゃうんですよ、たぶん、このままいくとね 苦笑
そんなこんなで、いろいろと調整しながら、今後も更新していきたいと思いますので!!
明日もまた、お目にかかれますように♪
 
それではまた。
ごきげんよう。
 
【続きはこちら↓】

www.yukiusagi.site

【最初から読みたい方はこちら↓】

www.yukiusagi.site