Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと52『波動』・自然とつながる

こんにちは、ゆきうさぎです。
はじめましてのみなさま、ご訪問ありがとうございます☆
前からご覧になられているみなさま。引き続き、「夢たび」お楽しみ下さい♪
子供の頃から夢を見ずにはいられないまま、大人になりました。そんなゆきうさぎが10年近く前に書いていた詩「夢のたびびと」に、このたび新たに「夢たび景色」を書き加えたものが、このブログです。

f:id:yukiusagi-home:20190704103442g:plain

イラスト提供:ふわふわ。り

 

夢たび52『波動』 

 

蒼い蒼い空と 青い青い海

 

ぼくは今日も サーフボードを腹に
海にむかって 力の限り泳ぎ出す

 

そう
まるでこれから人生を渡る 小舟のように

 

水の中 無心になって耳を澄ませば
聞こえてくる ぼくの鼓動と 海の波動

 

ふたつがぴたり 重なり合ったとき 
奇跡の波はやってくる

 

昔 ハワイの人々が 
こうやって 神に祈りをささげたように

 

ぼくは きらめくしぶきに乗って 
空を駆ける

 

大いなるものとの 一瞬の邂逅

 

やがて 海と空とぼくは 
ひとつになって 混ざり合い

 

今 生きている 
かぎりないこの喜びと 光の渦に 
ゆっくりと 溶けていく
 

【夢たび景色】自然とつながる

前のほうから読まれている方はくりかえしになっちゃうのですが、ゆきうさぎ、現在は湘南に住んでおります。
ゆきうさぎの家の近くにもサーファーがたくさんいまして、朝に夕にマウンテンバイクみたいな、ごっつい自転車の片方にサーフボードを乗せ(乗せる台がついてる自転車なんですよね~)、サーフィンする格好のままビーチサンダルを履いて、鼻歌なんか歌いながら春夏秋冬、海にむかっていきます。

都内へ通勤するスーツ姿の人たちに混じってサーファーもいるので、都市部と地元が融合しているというか、そこがちょっといかにも湘南な感じで、面白い。 笑
 

ゆきうさぎはサーファーではありませんが、海へは散歩に行ったりするので、冬の日も雨の日もサーファーのみなさんが海と戯れている様子はよく目撃してます。
そこから生まれたのがこの夢たび『波動』です。
サーフィンスピリットってこんな感じなのかな、と見てて感じたので、表現してみました。

20代で数回ハワイに行った時、ガイドさんから受けた説明によれば、サーフィンはもともとは娯楽というより儀式・宗教的な意義を持っていたようです。けれどもキリスト教の布教の妨げになるという理由で、宣教師たちはポリネシアの島民からサーフボードを取り上げ、燃やしてしまったために、昔のサーフィン文化は断絶。けれども島民達の運動により、ふたたび復興したのがハワイのワイキキで、そこからまた世界に広まり、現在の形になったみたいです。

島の民は海と、自然と対話して生きている。
現地の方達から話を伺っていて、すごくそう思いました。
ゆきうさぎ、オアフ島だけじゃなくハワイ島にも行ったことがありまして。
流れ出る溶岩を間近に見た時は、「自然って生きてるんだなぁ」と。
わー、大地母神が大地を生み出している!今、まさにこの瞬間!お産の苦しみ?
見て見て、鯨より大きな生物が、ここにいたよー!

そしたら現地ガイドさんが、
「ここは神聖な場で、祈りの場所だ。浮かれはしゃぐんじゃなく、もっと敬虔な気持ちで、火山を敬いなさい」
と、びしっ、おっしゃられました。はっ。スイマセン。
そうか、ここは観光スポットじゃなく、アミューズメントパークでもなく、教会の中と同じ静謐な空間なのかぁ。
別に教会やお寺や神社に行かなくても、祈りの場ってあるんだな。と腑に落ちた。

そんな経緯もあり、その後しばらく、アメリカ先住民(ネイティブインディアン)関連の書物を読み漁った時期がありました。
アメリカ先住民の方達も、特段、教会みたいな建物をたてて、そこで神様にお祈りするような文化はなかったのですが、グレート・スピリッツは信仰していて、そのグレート・スピリッツと対話できる能力者(シャーマンみたいな?)がいたみたい。

そんな能力者の体験談「グランド・ファーザー」(トム・ブラウン・ジュニア作、飛田妙子訳、徳間書店)を読んだのですが、ゆきうさぎが読んだインディアン関係の書籍中ではこの本が一番、深い話をしてましたね。
内容を書き写すと著作権に抵触しちゃうので、帯から抜粋しますと
「精霊と大地の哲学。何も奪わず、何も傷つけない生き方。今のこの文明のどこがまちがっていたのか、引き裂かれた魂を慰める真実の物語」
とあります。
私たちの暮らす現代社会は、自然をどんどん破壊するシステムですが、インディアンの暮らし方はそうじゃない。
そして、その便利な社会に暮らすはずの人間の魂は「引き裂かれている」とグランド・ファーザーは感じてたみたい。

ちなみに、この本を執筆されたトム・ブラウン・ジュニアというおじさんは、普通のアメリカ白人ですが、8歳の時からアパッチ・インディアンにトラッキング(追跡術)と狩猟の技術を学んでいます。現在はサバイバル・スクールを経営、警官や救助隊員を指導。
もともとはインディアンの生活の知恵を教わるうちに、精神論も合わせて教わったわけですね。
この主人公インディアン「グランド・ファーザー」は徹底して、生活の中に世界の真理もある、って生き方をされていて。広大なアメリカ大陸を徒歩でアラスカから南アメリカ、東海岸から西海岸まで一人で放浪していたというのも、ちょっと真似できないというか想像つかないんですけども。

この本の中で、印象深かった話はたくさんあるんですけど、今でも覚えているのは、グランド・ファーザーがキリスト教会の神父様と対話した実話。
かいつまんで要約すると、
「どの宗教が正しいとか、正しくないとか、そういう話ではない。この世には『真実』がただあるだけで、そこに至る道が複数ある、ということなんだ」と。
そこは今でも、なるほどな、って深く印象に残っています。
よく宗教紛争、今も世界中で起きてますよね。
みんな、グランド・ファーザー読めばいいのになー。とか、ちょっと思う。

振り返るに、ゆきうさぎ、20代のころはけっこうフワフワしていたんですよ。
10代は、早く大人になりたかった。
20代は、一番お金も自由もあったけれど、来し方行く末があやふやで、不安だった。
30代は、甘くない現実と戦って、経験値を積む時代だった。
40代になってようやく、ゆとりと自信がついたか、と思えるようになった反面、人生もう半分終わっちゃって、下り坂に入りかけてるなー感。
だいたい、ざっくり振り返るとこんなもんでしょうか。(ざっくりすぎ……汗)

みなさんは今、どのへんにいらっしゃるんでしょうか?
もしゆきうさぎの20代のころみたいな心境の方がいらしたら、若い頃から素養になる良本を、自分のペースでちょっとづつでも、読まれることをオススメします。
そうするとね、20年後、30年後の自分がたぶん、ちびちびと貯めてきた心貯金で、わりと迷わず、安らかに暮らせるかも 笑

そしてまあ、グランド・ファーザーみたいには到底無理ですけど、意識して自分の心プラグを自然とつないでいるほうが、楽に生きられる気が。
夢たび『波動』みたいな感じで、一つになる感覚っていうのかな?
ああ、そういうのわかるって方いたら、嬉しいです。(握手~~)
ていうか、そもそも運動好きな方は、頭でごちゃごちゃ考えるまでもなく、風を切って走ったり飛んだり、深く息を吸って吐いて、力を入れたり弛緩したりしてるから、そういうの、身体のほうが理解しているかもですねっ。^^

これから梅雨が明けますと、暑くてうだるような夏到来ですが、なるべく前向きに、季節を楽しんで秋まで乗り切りたいですね!
身体には負担のかかりやすい時期ですので、どうぞ、お体ご自愛くださいね。

それではまた。
ごきげんよう。
 
【続きはこちら↓】


【最初から読みたい方はこちら↓】