Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと・7~8「ハワイ、そして湘南」

【スポンサーリンク】

こんにちは、ゆきうさぎです。
はじめてのみなさま、Home, happy homeへいらして下さり、ありがとうございます!
子供の頃から夢を見ずにはいられないまま、大人になりました。
前からご覧になられているみなさま。引き続き、「夢たび」お楽しみ下さい♪
なお今回から【夢たび景色】を新しく書き下ろすことにしました。
ちなみに、全部で103作ありますので、よろしかったらどうぞ最後までお付き合い下さいね☆

 

f:id:yukiusagi-home:20190610085551j:plain

イラスト提供:ふわふわ。り

 

夢たび7 「ハワイの時間」

陽気な午後の日ざし
フラダンスの音色に誘われて

白い砂のビーチの上で
カメとひなたぼっこ

うとうと まどろんでいたら
いつの間にか 熱気が薄らいできた

太陽が ゆったり手を振ってるよ
海のかなた まだ見ぬ明日から
おつかれさま 今日もいい一日だったね と

椰子の葉擦れ
灯るたいまつ
寄せては返す 波の音

最近 人間は せっかちが増えたけど
天と地のリズムは 静かでどっしりとしていて
昔からとても ダイナミックだ

 

夢たび8 「里の春」

 春が来たよ

水を張ったばかりの田んぼで
かえるの子らが 大合唱

お空の上では
ひばりの兄さん 得意の独唱

里山のふもとでは
おしゃべりスズメが 弧を描き

菜の花畑の はずれでも
桜のお嬢さん ダンスを踊る

うれしいね 楽しいね
春が来たよ
春が来た! 

 【夢たび景色】 ハワイ、そして湘南 

 ハワイが大好きです。
前世でなにかご縁があったんじゃないかとデジャヴするほどに、どこかハワイに懐かしい感情を覚えます。みなさんも、もしかしたらそういう気持ちになったことって、あるんじゃないでしょうか?

何度かハワイに行きましたが、一番好きなスポット有名な観光地ではなく、海辺のベンチに座って海と空を眺められる場所。

早朝、満天の星が輝く夜空がしだいに紫から薄い青にかわり、日の出を迎えるまでベンチに座っていると、愛を語らう恋人たち夜の住人はいつのまにか消え去り、新聞を読んだり犬を散歩させたり、ジョギングに汗を流す朝の住人たちがやってきます。

世界は、また新しい一日を迎えたんだなって実感。

そして心ふるえる夕暮れ――。太陽ってじつはけっこうな速度で動いているんだなぁと実感する、素晴らしい一時です。

 

ハワイで一番オススメな観光は、ゆきうさぎ的にはサンセットかも。

地球とそれをとりまく宇宙。

今、この世界に生きている命の不思議を感じます。

 

そして、湘南も大好きです。

どこかハワイを思わせる、サーフィンが盛んでおしゃれな夏の海イメージですが、ゆきうさぎは冬の湘南も好き。

冬、泳いでいるのはサーファーばかりですが、冬の海岸沿いは割れていない貝殻がちらばり、海がキラキラときらめき、清々しい海の香りの中、犬と散策しているのはごく近所に住まわれている人たち。
自転車で公園にいく感覚で砂遊びをしにきている子供たち。

そこにはてらいない、たしかな日常の風景があります。

 

人って、忙しくなるとどうしても、自己の中に埋没する傾向にあると思うんですよね。自分のことで精一杯になっちゃう。

でも人の心って、本当は自然とか、人間社会とつながってないと、カサカサパサパサになっていく。

だから時々、スマホを充電するみたいに、自分プラグを自然や人とつなぐ必要があるわけです。

ゆきうさぎにとって、海や里山に行って自然の移り変わりや人の生活している日常風景を眺めるのって、まさにそういう充電タイムなんだと思う。

みなさんは、どうですか?

 

それではまた!

ごきげんよう。

 

【続きはこちら↓】


【最初から読みたい方はこちら↓】