Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと76『灯台守の歌』・大切なものは目に見えない Returns

こんにちは、ゆきうさぎです。
はじめましてのみなさま、ご訪問ありがとうございます☆
前からご覧になられているみなさま。久々の「夢たび」お楽しみ下さい♪
子供の頃から夢を見ずにはいられないまま、大人になりました。そんなゆきうさぎが10年近く前に書いていた詩「夢のたびびと」に、このたび新たに「夢たび景色」を書き加えたものが、この詩エッセイです。 

f:id:yukiusagi-home:20190805110629g:plain

イラスト提供:ふわふわ。り

夢たび76『灯台守の歌』

ブランド服に 高級バッグ
宝飾品に 化粧品
車に外食 戸建てに旅行
CM DM セールのチラシ

 

この世は 商品であふれてる
けれど あんなにほしかったモノは 
手に入ったとたん 輝きを失う

 

どうして こんなにむなしいの?
なぜ次々に 刺激がほしくなる?

 

それは 君の魂が 
ホントのホントに 
求めているモノじゃ ないからなのさ

 

見てごらん 
幼子が 空を仰ぐ瞳  
思わず落ちそうなほっぺに キスしたくなるだろう

 

どうか忘れないで 
本当に大切なモノは お金では買えない

 

小さな手がぎゅうっと 君に抱きつき
愛を伝えるとき

 

安らかにまどろむ 長いまつげを
ガラス細工みたいに 見守るとき

 

そんな ささやかな幸せが 
なににもかえがたく 大切なんだって
目が覚めたように 気づかされる

 

モノもヒトも 時の河に 流れ流され
皆 目の前を通り過ぎていくけれど

 

親と子の縁は 
死が ふたりを分かつまで消えない 

 

人生という名の あてどもない航海で 
それは ただひとつの たしかな灯台
 

【夢たび景色】大切なものは目に見えない Returns

以前、夢たび11で『大切なものは目に見えない』という詩を載せました。↓

『灯台守の歌』のテーマは基本的に、この『大切なものは目に見えない』と同じです。
ゆきうさぎ、働いていたころは、けっこう贅沢して暮らしていたんですよね~。今考えるともったいないんですけど、ブランド品や宝飾品は買う、有名レストランやホテルへ行きまくり、旅行もけっこうしました。
でもね、今振り返ると、それをやらないと正直、仕事が忙しすぎて、なんのために働いているんだか、生きているんだか、よくわからなくなってしまっていたんですよ。
仕事が忙しかった頃の話は以下↓
 


これだけ毎日忙しいと、ものすごく充実しているんですけど、反面、心がひからびるっていうんですかねー。

仕事の反動で、なにか楽しくなりたいわけなんですけど、その楽しさが、年々、エスカレートしていくというか。

昔は銀座のレストランでお食事して、全然満足できたのに、数年後に同じ処へ行ったら、なにか物足りない。宝飾品もずんずん高いモノに手が伸びる。

ああ、これは感覚が麻痺してきてるな、と思いました。いわゆる贅沢病?

物欲って麻薬と同じようにエスカレートする傾向があるんじゃないかと思います。

 

ゆきうさぎ、もともと空想癖のある性格で、いわば映画「この世界の片隅に」の主人公のすずさんみたいなんですよね。

あの人けっこう自分に近いと思うんだよな。

マイペースで、義理のお姉さんの嫌味も、あんまりよくわかってなくて、そうとう緊急事態でも自分の世界で空想してる。的な。

あのお姉さん、すずさんに「この人に嫌味言っても通じないんだよな」的な顔するでしょ。ああいう感じの応対、ゆきうさぎも今までの人生で何度もやられてます。だからたぶん、そういう時はすずさんになってるはず…… 苦笑

 

ま、本質的にそんな人間が、めちゃくちゃ忙しい生活何年もやってたら、「そろそろ潮時」ってなるわな~。

ゆきうさぎ、銀座の某レストランで出てきたお食事に慣れちゃって、感激できない自分に気づいた時、「あんたそろそろ、今の生活、足の洗い時かもしれないよ」って思いました。

花の20代、たいそう楽しかったんですけどね。

永遠に若くて綺麗でいられるわけじゃないし、年取ってるのに若作りしてまで、若い女の子と張り合う気概も全然なかったし 笑 

 

で、20代後半すぎになって、結婚することを視野に入れ始めたんですよ、たしか。(遠い昔すぎて忘れている……苦笑)

今の夫とはその時もうつきあっていたので、「こんな気分になったんだけど、どう思う~?」って言ったら、「じゃあ1年くらい後にでも結婚する?」みたいな話にわりとすぐなり。←結婚するのって式の用意とかいろいろ面倒大変なので、仕事に支障をきたさないスケジュールで。

トントン拍子に人生航路が結婚道へと舵を切り、花の盛り時代を卒業しました 笑

 

今思うと、20代のころはフワフワしてました、とにかく。

毎日派手で楽しくて充実してて、周りから注目されて、男性からのお誘いも多くて、ウキウキドキドキ、でも実際は足元が全然、定まってないよ、みたいな。

 

結婚すると現実が押しよせてくるし、結婚してもしばらく働いていたんですが、いざ会社やめて家に入ったらまぁ、そりゃあ今までと比べたら地味だしお金も使えないし。

なんですけど、ゆきうさぎ的には全然、これが苦痛でなかった!

ああ、本当に「大切なものって目に見えない」んだなぁ~、と思いました。

とりあえず物欲麻薬スパイラルから脱出というか、卒業できたのは(いや、そんなに激しく散財してたってわけでもないけど 笑)、非常に良かったなぁと思います。

 

今は、ベニシアさん的な生活が理想というか。

本当に仲の良いお友達を大切に、地域ともつながりつつ、身近な四季をしみじみ感じながら、創作したり子供たちと触れ合ったり。

そして、そんな生活を満喫するのにこの湘南というロケーションも、けっこういいんですよね。

ゆきうさぎ、東京生まれ育ちなんですが、東京は毎日イベント満載な場所ですから。

あまり質素に静かにしてられないんですよ、都心って場所的に(山の手線内側に住んでいたもので余計かも)。

 

湘南は今日も夏空で、海風が渡ってきています♪

みなさまもお元気で、楽しい夏をおすごしくださいね。

 

それではまた。

ごきげんよう。

 

【追記】

そうだ。おかげさまで、短編小説を上げていた期間に制作していた長編小説は、無事に投稿完了しました!最終的に、20×20の原稿用紙換算636枚になってしまいまして。推敲が本当に大変でした。もうあんまり長い話を書くのは自粛しようかなと、ひそかに思いました……苦笑 一応、報告まで。

 

【最初から読みたい方はこちら↓】