Home, happy home

楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記

【詩エッセイ♪】 夢のたびびと90『暖炉の記憶』・ドイツで過ごした冬の思い出

【スポンサーリンク】

こんにちは、ゆきうさぎです。
はじめましてのみなさま、ご訪問ありがとうございます☆
前からご覧になられているみなさま。引き続き「夢たび」お楽しみ下さい♪
子供の頃から夢を見ずにはいられないまま、大人になりました。そんなゆきうさぎが10年近く前に書いていた詩「夢のたびびと」に、このたび新たに「夢たび景色」を書き加えたものが、この詩エッセイです。

f:id:yukiusagi-home:20190917225316g:plain

イラスト提供:ふわふわ。り

 【夢たび90】『暖炉の記憶』  

星のかたちの 雪の結晶
音もなく舞う 月の夜は
暖炉にほっこり 火をともそ

お父さんは ソファで新聞
お母さんは 毛糸で編み物

あたしは 妹にせがまれて
重たい本の ページをめくる

白樺の皮の いい香り
火の粉が ぱちんと舞い上がり
足元ぬくぬく お顔はひりり

小さく踊る 赤い火は
眠たくなるよな 
吸いこまれそな

妖精にこびと 話す動物
おとぎ話は 炎のむこう

目をこすって 本を置き
妹の手を引き 立ち上がる

おやすみなさい
夢のつづきは 
また あした

【夢たび景色】ドイツで過ごした冬の思い出

かつて、ゆきうさぎがドイツで住んでいた家には、本物の暖炉がありました。

日本では贅沢なのでしょうが、白樺の薪をたくさん買ってきて、暖炉中央において、下に新聞紙や木ぎれなど燃えやすいものをおき、マッチを擦って、火を入れる。

白樺の木の皮は適度に油を含んでいるのか、中の部分より燃えやすく、まず先にそこからメリメリ、ペリペリと燃えていくのですが、皮部分が一番、香りが良かったです。

そうして薪に火が付くと、まあ、めっぽう暖かい。
身体の芯まで温まる感覚で、夜もぐっすり眠れました。

ドイツでは基本的にセントラルヒーティングが普及していて、どの部屋にも熱い熱いお湯がめぐっている。

全館暖房なので、正直言って暖炉はまったく必要なかったのですが、完全に家主の趣味というか、、、ゆきうさぎ宅を管理していたドイツ人は州の名士だったので、おうちも有閑階級向けの、贅沢な作りだったんですね。
いわゆる少女漫画に出てくるような洋館とでも申しましょうか。

やっぱり暖炉があるって、風情があるんですよね。
あと薪の香りが、なんだろう、アロマオイルの森林系の香りに近い。
広々~したリビング(走れる、卓球もできる 笑)に暖炉があって、火かき棒でときおり火をかき混ぜたりしながら、読書したりピアノを弾いたり。
外は吹雪でマイナス20度近くても、家の中はぽっかぽかです。

クリスマスの頃は、本物のドイツトウヒの木が植木鉢ででん!と暖炉のやや近くに置かれ(もちろんでっかい木です)、さらに森林アロマ効果が高まるので、ステキ度アップでした。

ドイツの家は石造りなので、クラシックなんかをかけると若干こもった感じで反響して、壁に音が吸われていく

パチパチ火がはぜる音、抑え気味にかかったクラシック。
つんと苦く、透き通る森の香り。
ほわんと伝わる熱気。窓の外は音もなく舞い散る粉雪。
背中越しに感じる、思い思いにすごしている家族の気配。

とろとろ燃える火の先端を見つめていると、吸いこまれるような、誰かの強い膂力で魔法にかけられたような。
頬が熱くなり、まぶしくて目が痛くなりつつも、なにかがそこにいるような気がして、目がそらせない。

もしかして、私を呼ぶのは炎の精霊(サラマンダー)?
この炎の先には、なにがあるんだろう。

ふと我に返って火を見つめると、火はまだ燃えていて、でもさっきとはちがう箇所がチカチカしていて。
火かき棒で揺すると、火の粉がはぜて、煙とともに、もの悲しく煙突へ昇って行く――。
f:id:yukiusagi-home:20190919224327j:plain
とにかく、静かでした

まあね、そういう空間で何年も育てば、ワタクシのようなファンタジー創作大好き人間が一人できあがっても、全然、不思議はないですよね。

今は湘南に住んでいて、この地域は冬でも常夏系ムードなので、暖炉はたぶんもう一生お世話にならないと思いますけれど――。

懐かしいなぁ、暖炉のある暮らし。

ヨーロッパの石畳に乾いた空気、f:id:yukiusagi-home:20190919224919j:plain

ライン川やモーゼル川、ブドウ畑。f:id:yukiusagi-home:20190919224500j:plain
黒い針葉樹の森、青々とした牧草地、日曜日に鳴り響く教会の鐘の音。f:id:yukiusagi-home:20190919224716j:plain

ゆきうさぎ、まさにジブリ映画みたいな風景の中で日々、暮らしていましたので、ハイジが山に帰りたくなる感覚で、ときおり無性に、

「ああ、ドイツに、帰りたいよ~ よ~ よ~

ってなります! 苦笑
f:id:yukiusagi-home:20190919224803j:plain
きっと魂の何分の一かは確実に、ドイツに置いてきてるんだろうな、私。f:id:yukiusagi-home:20190919225106j:plain
いつかまた、還ることができるといいな。
f:id:yukiusagi-home:20190919224540j:plain
みなさんの心の中にも、泣きたくなるほど懐かしくて大切な「還りたい場所」が、きっとあるんでしょうね。

それでは、また。
ごきげんよう。

【まだお時間あってドキドキ、ワクワクしたい方はこちら↓】

【続きはこちら↓】【夢たびを最初から読みたい方はこちら↓】